植酸栽培コシヒカリ&かやもり論

【JavaScriptを使用する設定が有効になっていない可能性があります。】
御使いのブラウザで、JavaScriptを有効化していただくか、JavaScript対応のブラウザでご覧いただくと、 『植酸栽培コシヒカリ&かやもり論』ページの写真を含めたコンテンツがご覧になれます。

子供たちの時代のために

身近のところで考えても、私たちの親の世代にはアレルギーなんていう言葉さえも無かったのに私たちの時代ではそれが当たり前になり、私たちの子供の世代ではまだ何も分からない赤ちゃんまでがアトピーに苦しめられています。 目に見えて人間自身の免疫力が低下していることに気づきませんか? 約60年前には化学肥料が急激に普及され、農薬もひどい基準のものを使用していました。 その米や野菜を食べつづけて育ったのが私の親の世代です。 その弱った遺伝子を引き継いでいるのが私たちの世代です。 言わば、奇形の種から育った人間です。現にアレルギーや男性の精子の数の減少などが物語っていると思いませんか? これから私たちや子供たちがまた悪いものを食べ続けたらどんな時代になるのでしょう!? 子供たちの時代をメチャクチャにしてはいけない。 だから私は生産者として安全で米本来の栄養価を持った植酸米を世に広めたいんです!

食べる人のために育て、届ける

言い方がキザかもしれませんが、食べ物って身体のためや幸せな食卓のためにあるべきものです。 なのに生命にかかわるたいせつなものを商売の道具にしか考えていない人や組織が多いと思いませんか? 子供を持つ親としては絶対に許せません。 私が実現したいのは、すこし前の時代のように生産者の顔が消費者に届くくらいの小規模な流通システムです。 「誰がどうやって生産(加工)したのか」が見えることによって消費者は安心できますし、生産者も「誰のためにどういう作物(食品)を提供しなければいけない」という責任感が芽生えるはずです。 生産者と消費者が近づくほどすばらしい時代になると思いませんか?

土を治すことから

土作りという言葉を良く聞きますが、悪いものを治すことをせずに作ろうとしても上っ面ばかりで作り手の自己満足にしかなりません。 現代の農地には土の中に植物にとって害となるものが存在します。 それを取り除いてから土作りをしなければ本当に植物にとって良い環境は作れないのです。 植物にとって害となる成分とは・・・例えば化学肥料を投与することによって蓄積された硫酸、塩酸、石膏などなど・・・ これらは夏の暑い時期になるとガスとなって地下の低い層から湧き上がってきて根っこを侵すのです。

肥沃な土をつくる

なぜ良い土が必要なのか?良い土壌環境があると植物は自身の力で生育し、持つべき栄養素と本来の味を実らせるのです。 肥沃な土とは、植物にとって良い環境を作るための微生物がたくさん繁殖できる土のことです。 この環境を作るためにかやもり農園では肥料作りから手がけております。

鮭の肥料!?

かやもり農園で使用する肥料は自分で作ります。その原料はなんと鮭!! 地元の川では毎年春に何万匹もの鮭の稚魚を放流します。 世界の海を泳いだ鮭たちはやがて大人になり4年後の秋に産卵をするために故郷へ帰ってきます。 漁協は川に梁を仕掛けて鮭を捕獲し、稚魚を孵化させるための卵を採取しますが、鮭の体の部分の処分に困っていました。 川を上った鮭は臭くてとても食べれるような品物ではありません。 そこで、かやもり農園はすべての鮭を引き取り、焼いて発酵させてボカシ肥料に作りかえることにしました。 これが土作りにとても良い肥料になるんです。まさに自然の恵み。

植酸栽培ってなぁに?

植酸とは植物自身が生きるために根から分泌する有機酸のことを示します。 それによって植物は自らの力で土壌の環境を改善し生育の場を確保しているのです。 この力を発揮させるために植物から抽出した有機酸を土壌中や作物に与えて、自然の成長力と免疫力で作物を実らせる栽培方法なのです。

【植酸のはたらき】

  1. @ 生育にとって有害な土壌中の有機ガスや塩類を分解、無毒化する。
  2. A 土壌phを生育に最適な弱酸性(6.0〜6.2)に調整してくれる。
  3. B 土壌中のアクを消す。
  4. C 岩石や石膏を溶かす。
  5. D 微生物が繁殖しやすい環境を整えます。

植酸栽培とは植物を作るのではなく、植酸資材を利用しながら植物が育つ段階に人の手で補助してあげるものなのです。 そうして育った植物は本来持っている能力や特徴が発揮され、安全で美味しく出来上がります。 自身の力で育ったものは本来のそのものの味があり、持つべき栄養素も豊富に含んでいるのです。

植酸栽培コシヒカリの特徴 美味い!

  • ・ ごはんのあま味が強く、ねばりと弾力の強い独特な食感を持つ。
  • ・ 炊き上がり後、時間が経っても食味が落ちにくい。
  • ・ 米の粒が大きく、比較的そろっている。
  • ・ 新米よりも3ヵ月後にさらに食味が上がりそれ以降は劣化が少ない。
  • ・ 栄養価の高い米である。

一般的な美味しいコシヒカリと呼ばれるお米はごはんを口に入れるとフワッと甘味が広がりますが、植酸米は噛んだときの弾力が強く、食べ終わってからもあと味に甘味が残るんです。 コシヒカリの味を凝縮したような、はっきりとした特徴のあるお米です。 植酸栽培野菜につきましても、その特徴を凝縮した味の濃い野菜に育ちます。

【かやもり農園の米作り】
私の仕事は稲を育てることではなくて稲にとって良い環境を維持することだと思っております。 稲は自分自身のちからで育つのです。自身の力で成長したものは本来の姿に育ち本来の味や栄養を実らせます。 米作りに大切なことは土作りです。しかし土作りをするためには土を直すことからはじめなくてはいけません。
○土直し
化学肥料や農薬を何十年も使用しつづけた土壌には植物にとっての悪成分が蓄積されています。 これは主に化学肥料や農薬の副成分である硫酸、塩酸などなのですが、植物から抽出する有機酸(植酸)を利用して、 何年も時間をかけながら悪成分を除去することからはじめます。
○土作り
かやもり農園では肥沃な土を育てるために独自の肥料作りを行っております。 地元の川に上ってくる鮭の胴体を1万匹以上焼いて発酵させて良質なボカシ肥料を作り、これを田んぼや畑に使用するのです。
○農薬・化学肥料の使用状況
かやもり農園では完全無農薬のお米も栽培しておりますが、それ以外は3成分の除草剤を1回だけ使用しております。 それ以外は一切の農薬は使用いたしません。 化学肥料も一切使用いたしません。鮭のボカシ肥料で対応しております。

Get Adobe Flash Player コンテンツをご覧いただくには、Adobe社のAdobe Flash Playerが必要になります。
ページを適切に表示するために、左記プラグインバナーより最新版をダウンロードしてご覧下さい。